思春期の脱毛事情!?

10代女子向け、脱毛テクニックを解説!

10代でも簡単に出来るムダ毛処理、電気シェーバーの使い方

最近では当然のように10代でもムダ毛処理をする人が増えてきました。特に10代前半は身体もお肌も成長途中で、とても敏感な状態です。ムダ毛処理のちょっとした刺激が肌トラブルとなり、しっかりとケアせずに放置しておけば一生消えない色素沈着を起こしてしまう可能性もあります。

ムダ毛を自己処理する手段として多くの人に人気が高いのが「電気シェーバー」です。家電量販店などで数多くの商品が販売されていて、選ぶのにも困るくらいです。電気シェーバーはカミソリを使ったムダ毛処理よりも処理後に肌トラブルが起こる可能性は低いです。それでも同じ刃物を使っている分肌へのダメージはゼロではなく、お肌を傷つけてしまうと「埋もれ毛」といった肌トラブルが起こる可能性があるため、電気シェーバーを使った自己処理は細心の注意を払って行わなければなりません。

そもそも「ムダ毛の自己処理は入浴時に行う」という人がいますが、間違っても「電気シェーバーはお風呂場に置きっぱなし」で長時間湿った状態にしておくと刃物の部分に雑菌が繁殖する可能性があるため絶対にやめましょう。そして交換すべき部品は必ず決められた期間で交換しましょう。

正しい方法としてまず、長いムダ毛を処理する場合は「事前にハサミでカットしておく」ことが好ましく、ぜひムダ毛が3mm程度になるまでにカットしておきましょう。そして「ムダ毛が生えている向きに沿って優しく処理をする」ように心掛けたいです。ムダ毛の向きに逆らって処理をすると綺麗に処理ができず、ついつい力を入れてしまい肌が傷つけてしまいます。

また刃の部分を強く肌に押し付ける必要はありません。肌にそっと触れている程度で十分に処理できます。そして処理後について、特にシェーバーを使ったムダ毛の自己処理はお肌を保湿する成分まで一緒に取ってしまうことがあるため、処理後は肌がとても乾燥しています。

更に自分では自覚症状がなくても、もしかするとお肌が傷ついている可能性があります。できれば処理後にはお肌を消毒したいのですが、そうでなくても化粧水や乳液などの化粧品を使って保湿だけはしておきたいですね。

また電気シェーバーを使って自己処理をしても数日後にはすぐにまたムダ毛が生えてくることから、特に暑い季節には頻繁に処理をしてしまいがちですが、やはり肌にはよいことではないので処理回数はできるだけ少なくすることをおすすめします。

未分類   0

低コストでできるムダ毛処理方法と注意点

近年では、ムダ毛の悩みを解決するために、さまざまな商品が開発されています。抑毛ローションや除毛クリームなどは、比較的低コストでムダ毛処理することができるため、比較的若い世代の10代の方でも始めることができるでしょう。

抑毛ローションは、数千円で購入することができる点と、ローションを塗るだけなので気軽に取り組めますし、抑毛ローションは塗るだけなので、痛みがないというのもメリットです。

除毛クリームは、アルカリ性の薬剤を含んでおり毛のタンパク質に作用しムダ毛を溶かしていきます。ジェルタイプや乳液タイプ、ローションタイプなど種類も豊富です。毛を溶かす原理はほとんど変わらないので、自分の好みによって種類を選ぶといいでしょう。

抑毛ローション、除毛クリームに関しての注意点としては、肌に対して刺激が強い場合には使用を控えることが大切です。除毛クリームは、事前にパッチテストを必ず行うなど使用に関しては説明書を熟読することが大切です。商品それぞれ、使用法などが異なることもあります。また、敏感肌の方は、敏感肌用の商品など刺激が少ないタイプを選ぶようにしましょう。

ムダ毛処理後には、アフターケアをすることも重要です。ムダ毛を処理した後に、そのままの状態でいると、肌荒れや肌の乾燥してしまう原因になることもあります。低刺激な化粧水を使い、肌に水分を補給しましょう。

肌をきれいに保つためにも、ムダ毛処理は重要です。ただ、ムダ毛処理をして肌荒れで肌の状態が悪化してしまうのは、本末転倒です。自分の体質にあったムダ毛処理を選ぶことがポイントです。

未分類   0

セルフのムダ毛処理で肌荒れする原因と解消方法は?

自分で行うムダ毛処理法には様々なものがあります。カミソリで剃る、毛抜きで1本ずつ抜いていく、テープやワックスで一気に抜くなどです。これらのムダ毛処理法は手軽に行えるので良いのですが、継続することで肌荒れを起こしてしまう可能性もあります。

カミソリでの処理は、カミソリで傷つけてしまったり、摩擦により肌が乾燥してしまう場合があります。毛抜きやテープやワックスの場合、毛穴に負担をかけてしまい炎症が生じてしまったり埋もれ毛ができてそれを無理に抜こうとして肌を傷つけてしまったりする場合があります。

毎日のようにムダ毛処理をしていると、肌荒れによる色素沈着も生じてしまい黒ずみにつながってしまうこともあります。思春期はターンオーバーも活発で肌の再生がスムーズにいくので色素沈着による黒ずみを起こしにくい肌環境ですが、年齢を重ねて行くにつれてコラーゲンはどんどん減少していき、角質のバリア機能も低下していきます。色素沈着や黒ずみやすい肌環境になっていきますので、ムダ毛処理後はきちんとケアして健やかな肌を保つことが大切です。

セルフでのムダ毛処理による肌荒れの解消方法としておすすめなのが、徹底的な保湿ケアです。ムダ毛処理後にきちんと肌にうるおいを与えることで乾燥や炎症を防ぐことができます。ローションやクリームなどでたっぷりとうるおいをチャージしましょう。肌にうるおいを与えることで角質のバリア機能がアップしてターンオーバーも活発になり健やかで柔らかい肌に導くことができ、ムダ毛処理による肌荒れや色素沈着を効果的に抑えることができます。炎症を抑える効果がある成分が配合されているローションやクリームを使用するのがおすすめです。ムダ毛が生えてくるのを抑制する成分が配合されているローションやクリームなども様々なメーカーから販売されていますので自分に合ったものを見つけてスキンケアに取り入れましょう。

個人でのムダ毛処理に限界を感じた場合は、毛根にアプローチすることができる家庭用脱毛器を使用したり、脱毛サロンを利用したりするなど負担を少なく効果的にお手入れをする方法もあります。ムダ毛処理は女性にとって永遠のテーマですので、肌を健やかに保ちながら正しい方法で行っていきましょう。

未分類   0

剃ると濃くなるって本当?剃刀での正しいムダ毛処理方法

思春期になるとどうしても気になるムダ毛処理。でもクリニックやサロンに通えるほどの余裕は、、、ないですよね。かといって、剃刀で剃ると濃くなるといわれているためになかなか自分で処理をするのもためらわれます。

そもそも、剃刀でムダ毛処理をすると濃くなるの? 実際には単純に剃っただけでは太さは全く変わりませんし、本数が増えるというわけではありません。ただ、ムダ毛処理をした後の断面が何もしていないムダ毛と比べると太くなってしまうため、処理後のムダ毛は量が多くなっているように見えます。また、処理中に肌を傷つけてしまった場合、体の防衛機能が働いて、肌を保護するためにムダ毛の量が増えたり、ムダ毛が太くなることもありますし、毛穴に薄い皮膚ができて、皮膚の下でムダ毛がとぐろを巻く埋没毛になることもあります。

思春期にはムダ毛の成長も活発になりますので、肌にダメージを与えない方法で処理をしたいものです。そのための正しい処理方法として、いくつかのポイントがあります。

まず、処理をするときには肌への刺激を抑えるために、湯船につかって肌を温めて柔らかくします。お風呂を入れていないときにはシャワーでも構いません。次に、肌に刃が直接触れないよう、滑りをよくする意味でもシェービングローションやクリームなどを塗ります。その後に毛の流れと同じ向きに剃刀を滑らせて剃ったのち、逆の方向から剃ります。いずれの場合でも、肌を剃る方向に引っ張りながら剃刀を滑らせることで、ムダ毛が肌から離れて立ち上がりますので剃りやすくなります。

終わったら温かいタオルやお湯でローション等を取り、剃り残しが気になるときにはローション等をつけて電動シェーバーで処理します。剃刀による処理は負担が大きいため、最初の2回のみにとどめておきましょう。最後に、冷たいタオルを肌に置いたり水を流して肌を引き締めて終了です。正しい方法で処理した場合でも、肌にはいくらかの負担がかかっていますので、最後に保湿ローションやクリームなどで肌をしっかりいたわっておきましょう。

さらにダメージを軽減させる方法として、使用する剃刀は多枚刃で、刃が鋭く剃りやすいものにすること、剃るときにはなでる程度にして、できるだけ刃が肌に触れないように気を付けることが大切です。また、毎日のように処理をすると肌への負担が蓄積されていますので、ある程度間隔をあけるようにするとよいでしょう。"

未分類   0

脱毛サロンは何歳から?10代でサロンやクリニックの脱毛をするには

基本的に脱毛サロンなどの施術は年齢は問いません。

ただ、女性はホルモンバランスによって体毛の成長が変わってきます。ホルモンバランスの変化が最も激しくなるのが、思春期に差し掛かった10代の前半の頃になります。思春期を迎えると、今まで生えてきていなかった脇の下やVライン、Oライン、Iラインなどから、ムダ毛が生えてくるようになってしまいます。

そのために思春期を迎える前に脱毛の施術を受けていたとしても、思春期でホルモンバランスが変わってから生えてくるムダ毛を、前もって脱毛することはできません。思春期を迎えて大人の身体として体毛が生え揃ってから脱毛サロンで施術を受けた方が効率的と言えます。

10代で脱毛サロンなどで施術する場合には、17歳以下の場合にはご両親と同伴で脱毛サロンやクリニックに出向く必要があります。18歳以上の未成年の場合は一人でも大丈夫ですが、前もって両親からの同意を得て、親権者同意書に必要事項を記入してもらい、その親権者同意書を持っていく必要があります。

脱毛の施術は、毛にレーザーや光を照射すると毛根の黒い色に反応して熱が発生します。この熱が、ムダ毛の毛根の組織を焼き焦がして脱毛されるという仕組みになっています。そのため、施術後は、お肌が火照ったり、痒くなったり、水分が奪われて乾燥肌になったりすることがあります。この症状は、肌に照射する医療レーザーや光の出力が強ければ強いほど重くなります。

医療レーザーは脱毛の効果が強い反面、出力が強く肌にかかるダメージが大きいです。10代の若いお肌は、敏感でデリケートですので、医療レーザーによる脱毛の施術は、お肌に与えるダメージが深刻な影響を与える可能性があり、光の出力を抑えている脱毛サロンの施術の方が無難とも言えます。

未分類   0

思春期のムダ毛処理は肌に優しい方法で

思春期の時期は、ホルモンバランスが安定しない事も多く、肌荒れやニキビなどもできやすい時期です。
そのため、肌の毛穴が詰まらないように、日々洗顔やお肌のケアを怠らない必要があります。

剃刀で処理をする場合には、剃刀の刃があまり切れない状態だと、肌に負荷をかけてしまい、ダメージとして肌荒れや肌を傷つけてしまうこともあります。肌に優しいムダ毛処理をするためには、当たり前ですが、よく切れる剃刀を準備しましょう。また、シェービング用のクリームやジェルもムダ毛を剃る前に塗ることで肌へのダメージを軽減することも大切です。

また、ムダ毛処理をする場合には、お風呂場で処理するといいでしょう。お風呂に入ったついでにムダ毛処理をすれば、毛をしめらせてから剃ることができるので、毛が剃りやすくなります。また、毛を剃る方向もどちらから剃ってもいいというわけではありません。剃る方向と、毛が生えている方向を合わせて沿わせるように剃ることが大切です。

毛を剃り終わったら、化粧品を使用してスキンケアをすることも重要なことです。ムダ毛処理をした後をそのまま放置してケアをしていないと、肌から水分が蒸発しやすい状態になり、肌が荒れてしまったり、肌が乾燥してしまいます。化粧水で水分を補給して、保湿クリームなどで肌から水分が逃げないようにカバーすることで、ある程度、肌をきれいに保つことにつながります。処理後もきちんとスキンケアをすることが大切です。

ただ思春期の頃には、自分のお小遣いで買うことができる化粧品も限られてしまいます。化粧水や美容液、保湿用化粧品など、色々と購入するのは、少し厳しいかもしれません。そのような場合には、母親や姉の化粧品を借りてスキンケアしてみるのも一つの手段です。

肌が弱い方は、剃刀負けをすることもあります。そのような場合には、脱毛テープでムダ毛処理を試してみるといいでしょう。

未分類   0

記事一覧