思春期の脱毛事情!?

10代女子向け、脱毛テクニックを解説!

10代でも簡単に出来るムダ毛処理、電気シェーバーの使い方

最近では当然のように10代でもムダ毛処理をする人が増えてきました。特に10代前半は身体もお肌も成長途中で、とても敏感な状態です。ムダ毛処理のちょっとした刺激が肌トラブルとなり、しっかりとケアせずに放置しておけば一生消えない色素沈着を起こしてしまう可能性もあります。

ムダ毛を自己処理する手段として多くの人に人気が高いのが「電気シェーバー」です。家電量販店などで数多くの商品が販売されていて、選ぶのにも困るくらいです。電気シェーバーはカミソリを使ったムダ毛処理よりも処理後に肌トラブルが起こる可能性は低いです。それでも同じ刃物を使っている分肌へのダメージはゼロではなく、お肌を傷つけてしまうと「埋もれ毛」といった肌トラブルが起こる可能性があるため、電気シェーバーを使った自己処理は細心の注意を払って行わなければなりません。

そもそも「ムダ毛の自己処理は入浴時に行う」という人がいますが、間違っても「電気シェーバーはお風呂場に置きっぱなし」で長時間湿った状態にしておくと刃物の部分に雑菌が繁殖する可能性があるため絶対にやめましょう。そして交換すべき部品は必ず決められた期間で交換しましょう。

正しい方法としてまず、長いムダ毛を処理する場合は「事前にハサミでカットしておく」ことが好ましく、ぜひムダ毛が3mm程度になるまでにカットしておきましょう。そして「ムダ毛が生えている向きに沿って優しく処理をする」ように心掛けたいです。ムダ毛の向きに逆らって処理をすると綺麗に処理ができず、ついつい力を入れてしまい肌が傷つけてしまいます。

また刃の部分を強く肌に押し付ける必要はありません。肌にそっと触れている程度で十分に処理できます。そして処理後について、特にシェーバーを使ったムダ毛の自己処理はお肌を保湿する成分まで一緒に取ってしまうことがあるため、処理後は肌がとても乾燥しています。

更に自分では自覚症状がなくても、もしかするとお肌が傷ついている可能性があります。できれば処理後にはお肌を消毒したいのですが、そうでなくても化粧水や乳液などの化粧品を使って保湿だけはしておきたいですね。

また電気シェーバーを使って自己処理をしても数日後にはすぐにまたムダ毛が生えてくることから、特に暑い季節には頻繁に処理をしてしまいがちですが、やはり肌にはよいことではないので処理回数はできるだけ少なくすることをおすすめします。

 

未分類   0

comment closed

記事一覧