思春期の脱毛事情!?

10代女子向け、脱毛テクニックを解説!

家庭用脱毛器を中高校生に使用するには?

女性の場合、初潮が始まることで女性ホルモンの分泌が始まり、女性らしい体型に変化していきます。それと同時に、体毛の発育も活発になり、思春期の女性の悩みにもなってしまいます。

最近の子供達は発育がよく体毛が発生する年齢も低年齢化しています。

ムダ毛の自己処理としてカミソリで剃る人も多いです。ただし、カミソリは肌を傷めるたり、黒ずみの原因となる可能性もあります。さらには、雑菌が入り込んで膿がたまったり、毛が皮下にもぐってしまう埋没毛になる場合もあります。

大手の脱毛エステやサロンでは、小学生を含めた思春期の子どもでもムダ毛脱毛の施術を受けることができます。ただ、脱毛サロンに通わせることに抵抗がある人も多いです。

家庭用脱毛器でムダ毛処理を考える人も少なくありません。思春期の間は、全てのムダ毛が生えているとは限りませんから、デリケート部位への脱毛器の使用は控えて、外見から見てムダ毛が目立つ部分だけの脱毛に留める方がよいでしょう。家庭用脱毛器の中には、脱毛範囲が3.5センチ×2センチと広範囲のものもあり、毛根が生え変わるサイクルで、しっかりと脱毛処理をすることができます。

フラッシュ式の脱毛器は、古い細胞を壊して、細胞とコラーゲンを再生成させることができるため、アクネ菌による炎症性のニキビや脂漏性皮膚炎などの皮膚疾患を改善させる効果も期待できます。

家庭用脱毛器は、1万円前後で買えるものから、5万円以上のものまで幅広く販売されています。低価格のものは、自己処理を楽にする程度の製品ですが、カミソリや毛抜きで抜く作業を楽にしてきます。

 

未分類   0

comment closed

記事一覧