思春期の脱毛事情!?

10代女子向け、脱毛テクニックを解説!

脱毛サロンは何歳から?10代でサロンやクリニックの脱毛をするには

基本的に脱毛サロンなどの施術は年齢は問いません。

ただ、女性はホルモンバランスによって体毛の成長が変わってきます。ホルモンバランスの変化が最も激しくなるのが、思春期に差し掛かった10代の前半の頃になります。思春期を迎えると、今まで生えてきていなかった脇の下やVライン、Oライン、Iラインなどから、ムダ毛が生えてくるようになってしまいます。

そのために思春期を迎える前に脱毛の施術を受けていたとしても、思春期でホルモンバランスが変わってから生えてくるムダ毛を、前もって脱毛することはできません。思春期を迎えて大人の身体として体毛が生え揃ってから脱毛サロンで施術を受けた方が効率的と言えます。

10代で脱毛サロンなどで施術する場合には、17歳以下の場合にはご両親と同伴で脱毛サロンやクリニックに出向く必要があります。18歳以上の未成年の場合は一人でも大丈夫ですが、前もって両親からの同意を得て、親権者同意書に必要事項を記入してもらい、その親権者同意書を持っていく必要があります。

脱毛の施術は、毛にレーザーや光を照射すると毛根の黒い色に反応して熱が発生します。この熱が、ムダ毛の毛根の組織を焼き焦がして脱毛されるという仕組みになっています。そのため、施術後は、お肌が火照ったり、痒くなったり、水分が奪われて乾燥肌になったりすることがあります。この症状は、肌に照射する医療レーザーや光の出力が強ければ強いほど重くなります。

医療レーザーは脱毛の効果が強い反面、出力が強く肌にかかるダメージが大きいです。10代の若いお肌は、敏感でデリケートですので、医療レーザーによる脱毛の施術は、お肌に与えるダメージが深刻な影響を与える可能性があり、光の出力を抑えている脱毛サロンの施術の方が無難とも言えます。

 

未分類   0

comment closed

記事一覧